東京都港区新橋 皮膚科 形成外科 内科 外科 西新橋みむろクリニック
周辺地図・最寄り駅からのアクセス情報

03-5251-8256

[診療受付時間]月~金 9:00~13:20、15:00~19:20

紫外線療法

紫外線療法とは?

「尋常性乾癬」「掌蹠膿疱症」「白斑」に効果的な治療法です。

紫外線の免疫抑制作用を利用して、過剰反応を起こしている皮ふの症状を沈静化させる「光線療法」と呼ばれる治療方法がありますが、紫外線療法は、これまでの光線療法よりさらに効果が高いと言われている、短い波長の紫外線を患部に照射して処置する新しい光線療法です。

従来よりも短い波長を使うことで、肘や膝など、今まで治療が難しかった部位の治療にも効果的です。

紫外線療法の治療イメージ

紫外線療法機器「セラビームUV308」

1. 効果と安全性を両立する、紫外線フィルター搭載

日本人の肌質に最適な紫外線を実現する308nm紫外線ライト&紫外線フィルター(PAT出願中)の緻密なテクノロジーを搭載。

2. 局所的に患部を照射できる、ターゲット型

従来の蛍光灯による紫外線治療器に比べ、コンパクトな光源(紫外線ライト)を採用し装置を小型化したため、患部に対し限定的にしかも強力に照射することができます。全身の症状は殆ど改善したものの、局所的に難治性の皮疹が残っている患者にとって、患部以外の健康な皮膚に紫外線を照射することなく、患部だけを安全かつ効果的に照射治療が可能です。

紫外線療法機器「セラビームUV308」

皮膚科