東京都港区新橋 皮膚科 形成外科 内科 外科 西新橋みむろクリニック
周辺地図・最寄り駅からのアクセス情報

03-5251-8256

[診療時間]月~金 9:00~13:30、15:00~19:30

粉瘤・脂肪腫

粉瘤(アテローム)

粉瘤とは、「脂肪のかたまり」と言われることが多く、「脂肪腫」と混同されますが、実際は「皮膚にできた袋の中に皮脂やアカが溜まっているもの」で白っぽいオカラの様なものが出てきたり、悪臭を伴うこともあります。体中のどこでもできますが、特に背中、顔に多くできます。

原因

毛穴のつまりによってできるため、脂性肌など肌質や体質によってできやすい場合があります。

治療

粉瘤で来院される半数以上の方は化膿して、袋の内側に膿が溜まっている状態です。その様な膿瘍となっている場合は、応急処置として「切開排膿」を行い、化膿が落ち着いたところで粉瘤を袋ごと切除する手術を計画します。
化膿した状態が落ち着き、痛みが治まり放置しておくと再度化膿する可能性や粉瘤自体が少しずつ大きくなり手術の際に傷が大きくなるため、早めに袋ごと取り除く手術をお勧めしています。

「切開排膿術」「手術」の流れについてはこちらをご参照下さい。

「手術」は完全予約制のため術前に診察が必要です。

脂肪腫

脂肪腫は粉瘤の次に多い皮下腫瘍です。粉瘤と混同されることも多いですが、化膿したり悪臭を伴うことはありません。

治療

外用薬や内服薬で治すことはできません。放置していても自然になくなることはありません。少しずつ大きくなります。小さいうちに手術で取れば小さいキズで済みます。「手術」の流れについてはこちらをご参照ください。

皮膚科