東京都港区新橋 皮膚科 形成外科 内科 外科 西新橋みむろクリニック
周辺地図・最寄り駅からのアクセス情報

03-5251-8256

[診療時間]月~金 9:00~13:30、15:00~19:30

禁煙外来

タバコが健康に悪いのは、皆さんもご存じの通りです。タバコは自らの健康を害するだけではなく、家族や周囲にも健康被害を及ぼします。
禁煙をしたいと思っている、また周囲から禁煙を勧められている、それにもかかわらず禁煙が難しいのは、タバコに含まれるニコチンが強い依存性をもつからです。

タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生む物質(ドパミン)が放出されます。タバコを吸う度に、このドパミンが放出されるので、「タバコをまた吸いたい」という欲求が習慣化します。この状態がニコチン依存症と呼ばれるものです。

健康保険で受けられる禁煙治療

平成18年度より、タバコを止められないニコチン依存症の方を対象に、保険診療による禁煙治療が行えるようになりました。
当院の禁煙外来は、「内服薬の処方」と「禁煙指導」に基づき、薬の飲み始めから3ヶ月で5回の診療スケジュールです。

禁煙治療に登場した新しい飲み薬

禁煙治療を行うための薬には、ニコチンパッチ(張るタイプ)やニコチンガム(かむタイプ)がありますが、新たにニコチンを含まない飲み薬が登場し、より効果の高い禁煙治療が受けられるようになりました。
この飲み薬は、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコを吸っても「おいしい」と感じなくなる作用があります。

飲むタイプの薬を使用する禁煙治療は、認定を受けた特定の医療機関でしか行っておりません。
タバコを止めたい方、是非当院へご相談ください

禁煙治療を健康保険で受けられる方

禁煙治療を健康保険で受けるには、下記の条件を満たしている必要があります。
なお、条件を満たさない方でも保険外診療として治療を受けることができます。

ニコチン依存症を判断するテスト TDS(Tobacco Dependence Screener)

以下の10項目の質問に「はい1点」「いいえ0点」で答え、「どちらでもない場合は0点」とします。合計が5点以上ならばニコチン依存症とされます。

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

質問内容 はい
1点
いいえ
0点
1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5 4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
8 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

内科