風疹を ワクチンで予防しましょう! 当院は風疹の予防接種を行っています。詳しくはこちらへ
女性専用の薄毛治療薬パントガーのご紹介。 当院は女性の脱毛症・薄毛治療に取り組んでいます。詳しくはこちらへ
男女兼用の防臭ステックD-barのご紹介。皮フ汗臭、制汗、わきが(腋臭)、足のにおいに効果的です。 詳しくはこちらへ


エキシマ光線療法


水虫、足白癬(あしはくせん)・爪白癬(つめはくせん)とは


足の指先や爪に生じる水虫は、正式には足白癬(あしはくせん)・爪白癬(つめはくせん)と呼ばれます。白癬菌(はくせんきん)という真菌”かび”が原因で起こる感染症です。


長期にわたり水虫に悩まされている方は多く、日本人の5人に1人が水虫にかかっているという調査データもあります。水虫は男性に多い病気と思われがちですが、男女比はほぼ同等で、多くの女性も水虫に悩まされています。水虫と呼ばれる中で、最も多いのが、ここで説明する足水虫(あしみずむし)・爪水虫(つめみずむし)です。


"足水虫"の症状で最も多くみられるのが趾間型(しかんがた)と呼ばれる状態です。足の指の間が白くふやけて皮が剥けます。むずがゆいなどの症状を伴います。また、小水疱(しょうすいほうがた)と呼ばれる状態は、土踏まずや足の側縁に赤みを伴う小さな水疱を生じ、やがて乾燥した皮膚が、ぼろぼろと剥けてきます。他の部位に新しい水疱ができて、範囲が少しずつ広がっていきます。

"爪水虫"の症状は、主に爪が白く濁っている、爪がボロボロと欠ける、爪が厚くなる、といったことがあげられます。かゆみや痛みの自覚症状がない場合も多く、かなり進行してから皮膚科を受診する方が少なくありません。 水虫は、人にうつる病気です。家族や身の回りの人にうつしてしまわないよう、早めの治療をお勧めします。

水虫の原因


水虫の原因となる白癬菌は、爪や皮膚のたんぱく質、湿気を好みます。特に梅雨から夏にかけて最も活性化します。不潔な状態にしておくと、白癬菌は繁殖しやすく、皮膚や爪の奥深くまで入り込んで潜伏します。したがって、表面的なぬり薬だけでは、白癬菌を退治できない場合も多く、悪化と緩和を繰り返しながら、水虫は徐々に進行します。

水虫の診断


皮膚のかぶれや、細菌感染など、水虫と似たような症状となる皮膚病は様々です。水虫かどうかは、医療機関(皮膚科)で検査を受けることで診断がつきます。確実な診断方法は、患部の一部を摂取し、顕微鏡にて、白癬菌の有無を調べる方法です。水虫が心配な方、長期間、足先の皮膚や爪に、かゆみや違和感がある方は、検査をお勧めします。


水虫の治療


水虫の治療には、塗り薬のほかに、飲み薬(経口抗真菌薬)による治療法があります。 足水虫は、まず塗り薬で治療します。 しかし、硬くなったかかとや爪水虫では、塗り薬の成分が患部に浸透しない場合があります。 特に、爪水虫の白癬菌は、爪の下の奥に潜伏しているため、塗り薬では届きません。 そのため、体の中から白癬菌を除去する、飲み薬が威力を発揮します。 飲み薬は市販されていませんので、処方には医師の診察が必要です。

水虫のセルフケア


<水虫にかかってしまったら>

足は指の間も、毎日石鹸を使ってよく洗うように心がけてください。

水虫は、水分を好みますので、足を洗ったあとは、水分をよく拭き取り乾燥させた状態に
  しましょう。

塗り薬は、適切な分量と回数を守り、根気よく塗るようにしてください。
  入浴後に塗るのが効果的です。


<家族に水虫をうつさないために>

トイレやお風呂のマットを毎日取り換えてください。

スリッパや履物の共有を避け、室内を清潔に保つことが肝要です。

白癬菌は、ただ付着しただけでは、めったに感染しません。家族全員が石鹸を使い
  足の指先をよく洗うなど、清潔と乾燥を保つことが何よりも予防につながります。

 

当院は、水虫の治療に関するご相談を、随時受付ています。 かゆい等の自覚症状がなくても、気になる方は、是非一度ご相談ください。

 


皮膚科  形成外科  内科  外科 
〒105-0003東京都港区西新橋1−5−9 TSビル4F
  TEL03-5251-8256

HOME クリニック案内 院長紹介 診療時間 交通アクセス 料金表 治療項目一覧