東京都港区新橋 皮膚科 形成外科 内科 外科 西新橋みむろクリニック
周辺地図・最寄り駅からのアクセス情報

03-5251-8256

[診療時間]月~金 9:00~13:30、15:00~19:30

じんま疹

じんま疹とは皮膚に存在するマスト細胞が何らかの刺激を受けると「ヒスタミン」などの様々な化学物質を放出します。それらの作用により痒みを伴うことが多く、膨らみは蚊に刺されたような小さいものもあれば、地図のように広がって現れることもあります。

病気の特徴

じんま疹は身体のどこにでも出現しますが、特に腹部など皮膚がやわらかくベルトなどの締め付けのある部位に好発することがあります。また、出現した膨らみはしばらく経つと消え、また新たに出現するを繰り返します。特に目まわり、口唇に強いむくみが出るクインケ浮腫と呼ばれる特殊なケースもあります。

病気の治療

じんま疹の症状を緩和するために「ヒスタミン」の働きを抑える抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服による治療が基本となります。長い間じんま疹の症状が続くと慢性化し、治療期間もかかります。
じんま疹の原因がわかっていれば、原因を避けることが重要ですが、多くの場合、じんま疹の原因を特定することは困難です。ご希望があれば血液検査等ご案内いたします。

皮膚科